A ‘CHUTE AND A SHOOT FROM COSTA RICA

Posted on: August 25th, 2020 by admin No Comments

タイトル:コスタリカから放たれたパラシュートが日本に着陸!

農作物としてのコーヒーが、飲み物としてのコーヒーの質を左右することは言うまでもありません。たとえSingle Oの熟練した焙煎士であっても、素材が持つ力以上のものを引き出すことはできません。だからこそ私たちは、サステイナビリティや公正な仕入価格の徹底・起業家精神溢れる個人や共同体、エステートなどを含む生産者コミュニティの支援・高品質で理想的なフレーバープロファイルを持つコーヒーの探求に全力を注いでいます。

そんなSingle Oの取り組みの一環として生まれたのが「’Chute And Shoot」プロジェクト(Single Oではドリップバッグをパラシュートと呼んでおり、ParachuteのChuteと撮影のShootを合わせた)。今年の初め、ちょうどグローバル・パンデミックが発生する直前に、私たちは多くのファンを持つカフェでSingle OのクライアントでもあるBerkeloBread & Butter、映像作家のBenemacと共にコスタリカのラ・ミニータ農園を訪れました。

※2019年にはSingle O Japan代表の山本も訪れた農園です!

以下ではその様子をまとめた動画をご紹介します。(4分後にまたお会いしましょう……)

タラズ地区の東向きの斜面に位置するラ・ミニータ農園は、ドローンの空撮映像からも分かる通り、標高の高いところにあります。作物の健康状態や日々の農作業に細心の注意を払う同農園は、環境に配慮した農法だけでなく、従業員の待遇においても他を圧倒しており、これはSingle Oがとても大切にしている理念にも繋がります。

映像に収められている通り、コーヒー栽培とは一筋縄ではいかないもの。激しく変化する周囲の状況やグローバル・パンデミックがそこに加わることで、生産者が苦境に立たされてしまうこともあります。例えば毎年ニカラグアやパナマから収穫を手伝いにやってきてくれるピッカーは現在コスタリカ国境を越えられずにいます。そんな中、ラ・ミニータ農園のチームは彼らを支援する方法を模索しながらも、コスタリカ政府によるインフラガイドラインや規制を順守するため、オペレーションに手を加えざるを得ない状況にあります。

一方、ラ・ミニータ農園のヴァイス・プレジデントを務めるScott Merleさんによれば、最新の規制に呼応する形で「今夏は仕事を失ったコスタリカ国民に対してコーヒー収穫への参加が奨励されている」とのこと。その施策が功を奏し、現在のところ通常必要とされる労働力の50%は確保できていると彼は言います。それでも日々変化し続ける環境に適応するため、ラ・ミニータ農園の面々は現状を分析しつつ、変化を恐れずに前進し続けているのです。

残念ながら、しばらくの間は再びラ・ミニータ農園を訪れるチャンスはなさそうですが、ぜひ映像と一緒にラ・ミニータ農園のコーヒーをお楽しみください。

[Buy Parachutes]
[Buy La Minita 250g]

Rumudamo Ethiopia COE #2

November 2, 2020

UPDATE 13 NOV 2020 : RUMUDAMO #2 NOW SOLD OUT ONLINE コーヒー界のアカデミー賞と呼ばれるCup of Excellence(以下COE)。今年初めて開催されたエチオピアCOEは歴代最高額を記録し、その中から第2位を獲得したRumudamoをSingle Oは落札することができました!このコーヒーを皆さんにお届けできることに私たち自身大興奮しています。

NATURE IN THE LOOP

September 17, 2020

第18弾は、コスタリカのアーティストDiego Fournier氏によるNATURE IN THE LOOP。RAOAプロジェクトのアーティストの中で、農園を訪れてイラストを作り上げた初めての作品となり、そのときの様子は下記の動画でもご覧いただけます。

Tasting Bar臨時休業のお知らせ

July 29, 2020

UPDATED : 8月25日 休業期間を8月末までと予定しておりましたが、休業期間の延長をさせていただきます。再開時期に関しては、Instagramのbioを随時更新致しますのでご確認をお願いいたします。

We are back at the Tasting Bar!

June 2, 2020

(*7月より通常営業時間で営業再開しました!) 営業日・営業時間毎週土曜(10:00~18:00)毎週日曜(10:00~18:00)毎週月曜(8:00~16:00)

Tasting Barの営業を当面の間、臨時休業とさせていただきます

March 17, 2020

いつもTasting Barをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 この度、コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大予防策として、Tasting Barの営業を当面の間、臨時休業とさせていただくことにいたしました。大変申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

RANDOM ACTS OF ART NO 17: SAM ELLIS

March 3, 2020

ロンドンを拠点に活躍するイラストレーター、サム・エリスのマーマイト色のレンズを通して、オーストラリアの夏をご覧ください。 See our Aussie summer through the marmite tinted lenses of London based illustrator Sam Ellis, who lends […]

RANDOM ACTS OF ART NO 16: CREATURE CREATURE

October 18, 2019

今回のRandom Acts of Art bagを飾るのは、メルボルンで活動しているCreature Creatureのお二人です。彼らのdeath-defyingデザインは私たちのNo Death to Coffeeプロジェクトに通ずるものを感じます。猛獣にまたがる骸骨の戦士が、我々のコーヒー業界が今後も生き残れるように新たな息吹をもたらしてくれているようです。 私たちが彼らと一緒に仕事をしたいと思ったのは、単純に彼らの作品が素敵だったからという理由だけでなく、コミュニティをとても大事にした精神に共感したからです。この後の質問を読んで、より彼らの精力的な部分を知ってください。 It’s time to encounter Melbourne’s Creature Creature, the […]

SINGLED OUT: PURA CEPA PROJECT

September 9, 2019

English WHAT IS PURA CEPA? スペイン語で「最高/至高」を意味する「PURA CEPA」という言葉を冠したこのプロジェクトは、「コーヒー生産地にイノベーションをおこすこと」「長期的に持続可能性を機能させること」「コーヒーの精製過程に新たなフロンティアを切り開くこと」を柱にオーストラリアLatorre & Dutch社によってスタートしました。ウガンダをはじめとしたコーヒー生産国で、生産者の利益に直結するようなコーヒーの品質・価格の改善向上を目指しています。

Future-Friendly Varieties: One Last Chance for Coffee

February 21, 2019

未来を支える新品種:コーヒーの生き残りをかけた最後のチャンス 嘘のように聞こえるかもしれませんが、2050年を迎える頃にはコーヒーがこの世からなくなってしまう可能性があると言われています。

RANDOM ACTS OF ART NO 13: YOSHI47

July 27, 2018

「Random Acts of Art(RAOA)」はSingle Oの本拠地シドニーで活動する若手アーティストをサポートすることを目的にはじまったSingle Oのアートプロジェクトです。

RAISE YOUR CUP TO THE FARMERS コーヒー生産者に感謝を!

July 23, 2018

2018年3月から約4ヶ月にわたってお届けした「Cup of Excellence Tour(以下、COE Tour)」はアートや音楽を愛する私たちSingle Oの遊び心満載の企画として、ペルーとコロンビアそして2つのブラジルのCOEコーヒーをお届けしました。