RANDOM ACTS OF ART NO 17: SAM ELLIS

Posted on: March 3rd, 2020 by admin No Comments

ロンドンを拠点に活躍するイラストレーター、サム・エリスのマーマイト色のレンズを通して、オーストラリアの夏をご覧ください。

See our Aussie summer through the marmite tinted lenses of London based illustrator Sam Ellis, who lends his pen by day to architecture drawings & by night to freelance, free-wheeling line illustrations.
ロンドンを拠点に活躍するイラストレーター、サム・エリスのマーマイト色のレンズを通して、オーストラリアの夏をご覧ください。

Our latest Random Acts of Art is a visual cacophony of summer stereotypes, but before you dive head-first into exploring the incredible details in this double-sided drawing, take a mo to meet Sam below.
最新のRandom Acts of Artは、うるさいほどにステレオタイプな夏をビジュアル化したものですが、この表裏にビッシリ描かれた細かいタッチの詳細を紐解く前に、下記をご覧いただき、サムがどんな人なのかをもっと知ってください。

FIRST UP, THE IMPORTANT STUFF. HOW DO YOU TAKE YOUR COFFEE?
最初に重要なこと。コーヒーをどのように飲みますか?

Anyhow really, with a spot of milk. Ideally Macchiato. Nothing too long except for a slow, lazy cafetiere with the wife on weekend mornings

色々な飲み方をしますが、いつもミルクは少量で。理想はマキアートですね。週末の朝に、妻とゆっくりカフェテリアでくつろいで過ごす時間が大好きです

DO YOU HAVE ANY CONNECTION TO SINGLE O? AND IF SO, WHAT IS IT
SINGLE Oとの繋がりは何かありますか?

My friend James at work used to live with your designer George. James showed George a print I’d done called ‘Bikes Don’t Strike’ & it was that link that introduced us. All because a bearded drawing I did strikes a shocking resemblance to your very own designer George.

職場の友人のジェームズが、Single Oのデザイナーのジョージと一緒に住んでいました。ジェームズがジョージに私の作品「Bikes Don’t Strike」を見せたのが始まりです。私が描いたひげを生やした絵は、ジョージにそっくりだったのです。

YOU’RE IN AN ELEVATOR & YOU NEED TO DESCRIBE YOUR ILLUSTRATION STYLE BEFORE WE REACH OUR FLOOR… AND GO!
エレベーターの中にいると仮定します。エレベーターが利用階数に到着する短い時間に、あなたのイラストレーションスタイルを説明するとしたらどのように伝えますか?よーいスタート!

Hand drawn, pen & ink. Classic draftmanship. I think I’m always searching for the true line. Trying to articulate complicated ideas in simple forms, complex & mangled together but each element simply captured.

ペンとインクを使って手書きで描いています。古典的なドラフトマンシップ。私は常に真実のラインを追求しているのだと思います。複雑なアイデアをシンプルな形式で表現し、複雑で絡み合っているように見えて、各要素は単純に捉えられるようにしています。

HOW’D YOU GET INTO DRAWING & IS IT YOUR MAIN GIG?
どのように作品に取り掛かりますか?その方法はいつも同じですか?

I’ve got a background in graphic design & studied Architecture. Years of working in Architectural Illustration have refined the skill & honed it. I split my time between working in house for an Architect & producing illustrations on the side, so the two sides naturally influence each other.

私にはグラフィックデザインと建築を学んでいた過去があります。 Architectural Illustrationでの長年の経験で、技術を習得し磨き上げてきました。私は建築家として家で仕事をすることと、その側面でイラスト制作することに時間を分けているので、2つの側面は自然とお互いに良い影響を与え合っています。

IF YOU COULD MEET & ILLUSTRATE ONE PERSON WHO WOULD IT BE?
もし、あなたが会って描けるとしたら誰に会いたいですか。

I’m a big fan of John Frusciante so it would be a dream to meet him and capture some of that musical energy on paper.

ジョン・フルシアンテの大ファンなので、彼に会ってその音楽的エネルギーの一部を紙におさめることが夢です。

WAS YOUR PROCESS FOR CREATING THIS WORK ANY DIFFERENT THAN USUAL? IF SO HOW?
このアートを作成するプロセスは、通常とは異なりましたか?異なる場合はどう違いましたか?

The process was fairly typical. The challenge was the double sided bag. I wanted to create something that wrapped around from both sides & met in the middle on the back, so that caused some head scratching. After that, it was squeezing all the detail in that was tricky.

プロセスはかなり典型的でした。課題は裏表両面をデザインすることでした。裏面が表面の両サイドでつながるようなデザインを作りたかったので、相当頭を悩ませました。その後、このアイデアはすべての詳細をまとめることを困難にしました。

YOU’VE NEVER BEEN DOWN UNDER, RIGHT? WHAT DO YOU RECKON HAPPENS HERE IN SUMMER?
オーストラリアを訪れたことは今までないですよね?オーストラリアの夏はどんな感じだと思いますか?

I’ve not no, it’s on the wish list! I’d hope summertime there is the idyllic stereotype I imagine. I used to watch Bill Granger cooking as a kid, so if he was right it’ll be breezy, salt kissed & sun drenched with crisp white wine & dappled light through straw parasols. Sounds dreamy.

そうですね、まだ行ったことはありませんがいつか行きたいと思っています!夏には、素晴らしいステレオタイプがあると聞いています。子供の頃、ビル・グレンジャー(bills レストラン創始者)が料理をしているのをテレビで見ていたので、彼が言っていたことが正しければ、オーストラリアの夏はさわやかな風が吹き、海風が頬を撫で、とても良い日当たりの中で白ワインを楽しみ、藁でできたパラソルの隙間から日が差し込む。想像するだけで夢のような国ですね。

THIS DRAWING IS SUPER DETAILED, WHAT’S YOUR FAVOURITE SECTION & WHY?
この作品は非常に繊細です。お気に入りのセクションとその理由は何ですか?

It was a challenge to build the scene, from sea to shore & beyond then build up the layering of detail. I’m a big fan of Vegemite tower. The iconic jar represented in silhouette. It’s fun to try to weave in as much detail as possible. I tried to take a lot of old school stereotypes & smash them all together.

海から海岸までのつながりを構築するのが難しかったです。ベジマイトタワーが私のお気に入りです。シルエットで表される象徴的なiconになったと思います。可能な限り詳細を織り込むのは楽しいことです。オールドスクールのステレオタイプをたくさん取り入れ、それらを全て引っくるめて作品にしようとしました。

KNOW IT’S THE DEAD OF WINTER IN THE UK RIGHT NOW BUT WHAT’S THE BEST THING ABOUT SUMMER IN YOUR OPINION?
イギリスは今まさに冬の真っ只中(インタビュー当時)だと思いますが、夏の一番のおすすめはなんですか?

Yeah it’s pretty cold in the UK so I’m dreaming of some summer sun. At the minute the days are so short so I can’t wait for some long late evenings to sit out & get the family together. The time that extra daylight affords you is what I’m longing for right now!

そうですね、イギリスはかなり寒いので夏の太陽が恋しいです。今は日がとても短いので、夜家族が集まってゆっくり過ごすのが一番の楽しみです。日が長くなることが今一番待ち望んでいることです!

IF YOU WEREN’T DRAWING WHAT CAREER DO YOU RECKON YOU’D HAVE?
絵を描くことを仕事にしていなかったら、どんなキャリアを持っていたと思いますか?

I’d love to do something musical. I’ve always been in bands & would love to be able to dedicate more time to that creative outlet. I come from a big beer brewing town though so I’d probably be knee deep in hops somewhere crafting some ale.

 音楽を仕事にしたいですね。いつもバンドに所属していたので、クリエイティブな作品を作り上げるのに多くの時間を費やすことができたらと思います。もしくは私の出身地はビール醸造で有名な町なので、おそらくどこかでエールを作っていて、ホップの上に膝をついているかもしれません。

HOW DO YOU STAY INSPIRED?
どのようにして発想を豊かに保ちますか?

Loads of things keep me inspired. I like pushing boundaries & challenging what I’m able to do. That keeps things fresh. I always like to doodle ideas too, trying to nurture that connection from mind to paper. It’s like a muscle that benefits from regular use.

色々なものからインスピレーションを得ますし、自分のできる限界に常に挑戦することが好きです。これらが私を取り巻く物事をフレッシュに保ってくれます。私は常にアイデアを落書きのようにメモするのが好きで、想像力を紙面への書き移すようにしています。定期的に使うことで動きが良くなる筋肉と同じような感覚です。

WHO SHOULD WE WORK WITH NEXT?
次の作品(RAOA)には誰に声をかければいいでしょう?

I’m a fan of so many Illustrators and designers. Right now I’d say Owen Pomery, Adi Gilbert, Sam Baldwin, Helena Hauss and Kebba Sanneh. They’re all hugely inspiring to me.

たくさんの素晴らしいイラストレーターやデザイナーがいます。現時点でと言われれば、オーウェン・ポメリー、アディ・ギルバート、サム・ボールドウィン、ヘレナ・オス、ケバ・サンネを挙げます。彼らからはいつも大きな刺激を受けています。

CAN YOU WRITE US AN ACROSTIC POEM USING THE LETTERS OF SINGLE O?
SINGLE Oのアルファベットを頭文字にした詩を書いてくれますか?

S alt stained white horse
I ncandescent looming sun
N ever broken but adored
G oing for the one
L eft at the lights, crumpled
E ver more undone

O ver and over, on and on

SAM ELLISをもっと知りたくなった方はこちらをご覧ください
CHECK OUT MORE OF SAM ELLIS
samellisdesign.co.uk & @samellisdesign

We are back at the Tasting Bar!

June 2, 2020

6月6日土曜よりSingle O Tasting Barの営業を再開します!すぐに以前と同じかたちというわけにはいきませんが、東京都の「新型コロナウィルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」の段階に応じながら、少しずつ時間をかけながら、またより多くの皆様にコーヒーを楽しんでいただけるよう、スタッフ一同気持ちを新たにしております。当面は営業時間の短縮や、適切な感染拡大防止の徹底のためにご来店していただけるお客様にご協力お願いしたいことがございます。以下のポイントをご理解いただけますようよろしくお願いいたします。 営業日(臨時短縮営業時間) 毎週土曜(10:00~18:00) 毎週日曜(10:00~18:00) 毎週月曜(11:00~16:00) ご来店されるお客様へのお願い ・体調が優れない際はご来店をお控えください。 ・混雑した公共交通機関をご利用されてのご来店はお控えください。 ・マスクのご着用をお願いします。 ・お会計の際など、ソーシャルディスタンスを保つようお願いいたします。 ・店頭に消毒液を設置しておりますのでご利用ください。 ・可能であればキャッシュレスまたは非接触型のお支払い(クレジットカード、交通系電子マネー、iD、QUICPay、Apple Pay、UnionPay)をお願いいたします。 ・当面はテーブルや椅子の用意はございません。ドリンクはお持ち帰り用での提供のみとなります。またタンブラーなどお客様の容器のご利用もしばらく中止させていただきます。 ・皆様が安心してご来店できるようできるだけ短い滞在時間にご協力ください。 […]

Tasting Barの営業を当面の間、臨時休業とさせていただきます

March 17, 2020

いつもTasting Barをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 この度、コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大予防策として、Tasting Barの営業を当面の間、臨時休業とさせていただくことにいたしました。大変申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

RANDOM ACTS OF ART NO 16: CREATURE CREATURE

October 18, 2019

今回のRandom Acts of Art bagを飾るのは、メルボルンで活動しているCreature Creatureのお二人です。彼らのdeath-defyingデザインは私たちのNo Death to Coffeeプロジェクトに通ずるものを感じます。猛獣にまたがる骸骨の戦士が、我々のコーヒー業界が今後も生き残れるように新たな息吹をもたらしてくれているようです。 私たちが彼らと一緒に仕事をしたいと思ったのは、単純に彼らの作品が素敵だったからという理由だけでなく、コミュニティをとても大事にした精神に共感したからです。この後の質問を読んで、より彼らの精力的な部分を知ってください。 It’s time to encounter Melbourne’s Creature Creature, the […]

SINGLED OUT: PURA CEPA PROJECT

September 9, 2019

English WHAT IS PURA CEPA? スペイン語で「最高/至高」を意味する「PURA CEPA」という言葉を冠したこのプロジェクトは、「コーヒー生産地にイノベーションをおこすこと」「長期的に持続可能性を機能させること」「コーヒーの精製過程に新たなフロンティアを切り開くこと」を柱にオーストラリアLatorre & Dutch社によってスタートしました。ウガンダをはじめとしたコーヒー生産国で、生産者の利益に直結するようなコーヒーの品質・価格の改善向上を目指しています。

Future-Friendly Varieties: One Last Chance for Coffee

February 21, 2019

未来を支える新品種:コーヒーの生き残りをかけた最後のチャンス 嘘のように聞こえるかもしれませんが、2050年を迎える頃にはコーヒーがこの世からなくなってしまう可能性があると言われています。

RANDOM ACTS OF ART NO 13: YOSHI47

July 27, 2018

「Random Acts of Art(RAOA)」はSingle Oの本拠地シドニーで活動する若手アーティストをサポートすることを目的にはじまったSingle Oのアートプロジェクトです。

RAISE YOUR CUP TO THE FARMERS コーヒー生産者に感謝を!

July 23, 2018

2018年3月から約4ヶ月にわたってお届けした「Cup of Excellence Tour(以下、COE Tour)」はアートや音楽を愛する私たちSingle Oの遊び心満載の企画として、ペルーとコロンビアそして2つのブラジルのCOEコーヒーをお届けしました。